図形と選択ツールの使い方 Adobe Illustrator 講座02

前章でIllustratorのツールやショートカットなどの紹介をいたしました。
それでは実際にツールを使っての作成方法の説明をしたいと思います。

図形ツールを長押ししてみよう

図形ツールはまず初回の起動した直後は長方形になっています。Illustratorのツールボタン全般に言えることですが、ボタンに右向きの小さな三角マークが付いている場合、同じカテゴリーのツールが隠れているという意味なので、長押しをしてみますとツールボタンリストが出てきます。図形ツールの場合、順に、長方形・角丸長方形・楕円形・多角形・星形・フレアなどです。またボタンリストをよく見るとまた小さな三角マークがついているのが確認できるかと思います。これを押しますとボタンリストが切り離されて小さなボタンのパレットになります。ちょくちょくツールを切り替える場合は切り離してみても良いでしょう。

図形ツール

では長方形を選び、アートボード上で長方形の対角線を描くようにドラッグしてみます。すると対角線に合わせて長方形が描かれます。ここでShiftを押しながらドラッグしてみると正方形になります。さらにAlt(Option)キーを押しながらドラッグすると中央から外側に向けて長方形が、Shift+Alt(Option)を押しながらドラッグすると中央から正方形が広がっていきます。
ドラッグせずにアートボード上でクリックしますと数値入力での作成となります。
これがIllustratorでの図形の基本的な描き方になります。

長方形の作り方
図形数値入力
長方形数値入力


選択ツールとバウンディングボックス

長方形を作成できたところで、ツールを選択ツール(黒い矢印)に切り替えて長方形をクリックしてみます。するとバウンディングボックスというものがでてきます。

この状態が図形…今後はオブジェクト(アートボードに配置した図形や文字などのこと)と呼びますが、「オブジェクトが選択状態」であるということになります。
バウンディングボックスが見えないようでしたら、表示メニュー→バウンディングボックスの表示を選択しチェックが入った状態にしてください。
バウンディングボックスを見ますと、周辺にポイントが見えています。このポイントのことをハンドルといい、選択したオブジェクトの全体的な変形を行うためのものです。

バウンディングボックス01

このハンドルにはそれぞれ意味があり、まず左右に2つずつあるハンドルは水平方向の拡大縮小、上下に2つずつのハンドルは垂直方向の拡大縮小、四つ角にあるハンドルはフリーかつ対角線方向の拡大縮小、ハンドルに触れずにドラッグした場合は回転となっています。
また、これにも複合キー操作が対応しており、Alt(Option)キーを押しながらだとオブジェクト中央を基準として拡大縮小、四つ角ハンドルのみ対応ですがShiftキーを押しながらの場合は比率固定での拡大縮小となります。

バウンディングボックス02


ダイレクト選択ツール

【2017/04/11追記】
ツールパレットを見ていると選択ツールが2つあることにお気づきでしょうか?
一つは通常の選択ツールでこれはオブジェクト全体を選択するもの、もう一つはダイレクト選択ツールと言い、オブジェクトの中の特定の部分を選択するツールになります。

ダイレクト選択

使い方を紹介したいと思いますので、まず適当なサイズの円を描いてみましょう。
ダイレクト選択ツールに切り替え、円の上の方にマウスカーソルを移動してみると、白い四角いポイントが出る箇所がありますので、そこでクリックします。
いま選択したポイントの事をアンカーポイントといいますが、そのまま真っすぐ上にドラッグして移動してみましょう。Shiftを押しながら移動することで真っ直ぐ移動します。やりにくい場合はキーボード上矢印キーを押して移動しても構いません。

ダイレクト選択での加工

この様に、オブジェクトを選択する時に全体的な大きな変更をしたいときは選択ツール、ポイント修正など細かい修正をするときにはダイレクト選択ツール、と言った具合に選択ツールも使い分けて行くと良いでしょう。


まとめ

  • 図形系ツールは6種類あり、長方形ツールを長押しすることで選択できる。
  • 図形を描く時に、キーボードの組み合わせにより縦横比固定、中央から作成などを切り替えることができる。
  • 選択ツールで選択するとバウンディングボックスが表示され、拡大縮小、回転などをツールを切り替えずに行うことができる。
  • 選択ツールはオブジェクト全体の選択、ダイレクト選択はオブジェクトの特定の部分を選択・加工するためのツールである。

コメント

このブログの人気の投稿

ペンツールの使い方 Adobe Illustrator 講座09