ライブペイントの使い方 Adobe Illustrator講座17

Illustratorでの色を塗る方法は通常の塗りと、塗りブラシ、それから今回ご紹介するライブペイントになります。通常の塗りはオブジェクトを作成して、選択してから色を指定するという独特の塗り方ですが、ライブペイントは塗り絵感覚で、色を作ってから塗りつぶすというアナログでの塗り方に近いものになっています。
まずライブペイントツールが何処にあるかといいますと、こちらは普段はシェイプツールのボタンの中に隠れています。毎度のことですが長押ししてツールパレットを切り出してみます。

シェイプツールは既に図形ツールでキャラ作成で紹介していますが、オブジェクトの合成をするツールです。
ライブペイントツールは前述したとおり塗り絵感覚で着色するツール
ライブペイント選択ツールはライブペイント化したオブジェクトの塗り面を選択したり、ラインを選択したりするツールです。



ライブペイントツールの使い方

今回、ライブペイントを説明するに当たり、以下のようなオブジェクトの集合体を作成してみました。
通常の塗りでやろうと思うと、図形が絡み合いすぎていてちょっと引いてしまうような形になっていますね。


こういう図形はライブペイントにはうってつけになります。
まず、上記のオブジェクトを全て選択しておきます。
ここで最初にライブペイントツールを選び、それから色を作成してください。これを逆にしてしまうと通常の塗りということになり、全てのオブジェクトが同じ色になってしまいます。

選択した状態でオブジェクトのどこかの部位をクリックすると(初回はライブペイントのヒントがでてきますが、OKを押して続行してください)、設定した色で塗ることができます。
ちなみに、マウスをオブジェクトに持っていって赤い枠が付いた箇所がライブペイントで塗ることができる部分ということになります。
※この状態をライブペイントオブジェクトといいますが、この状態にするにはライブペイントツールでクリックする以外に、オブジェクトメニュー→ライブペイント→作成で、あらかじめライブペイントオブジェクトにしてから着色することもできます。



また、ライブペイント可能・不可能な形状もあり、大まかに具体例を出しますと、以下のようになります。オープンパスでも最初と最後のアンカーポイントが近い場合は塗りつぶすことが可能です。(ただこの場合は通常の塗りでも可能です)
クローズパスの場合ですと、単純にオブジェクト全体を1色で塗ることは可能なのですが、2色以上に塗り分けたい場合は、分割する線が完全にオブジェクトから突き抜けているか、輪郭の線にぴったり接しているか、という必要があります。途中で線が止まってしまっている場合は、塗り分けることはできません。



ライブペイント選択ツールの使い方

通常の選択ツールは、選択して加工したり、移動、拡大縮小などをするために使いますが、ライブペイント選択ツールの場合は基本的には選択して若干の変更と削除のみにつかう形になっています。移動などをすることはできません。
たとえば塗り面を選択した場合は、削除することでその色を消すことができます。この場合は塗り面がなくなるのでその部分は透明になります。
線(パス)を選択して削除した場合は、その線は色の境界線の役割を持っていたので、無くなることでその部分は全て1色に塗りつぶされることになります。


色分けをしたまま境界線を無くす、という方法もあります。
この場合はまずライブペイント選択ツールで線を選択し、それからカラーパレットまたはツールパレットの線の色の設定を無しにします。
こうすると塗り分けはされたまま、境界線だけがなくなる形になります。



その他の使い方

ライブペイントオブジェクトにさらに形状を加えたい場合は、まずライブペイントオブジェクトと新たに加えたいオブジェクトを一緒に選択します。
次に、オブジェクト→ライブペイント→結合を選ぶと、新しいオブジェクトがライブペイントオブジェクトに結合され、さらに色分けをすることができるようになります。



まとめ

  • ライブペイントツールは塗り絵感覚で色を塗ることができる。
  • 色分けをするにはキチンと線で区切られている必要がある。
  • ライブペイント選択ツールは塗りや線を削除したり、非表示(なし)できる。
  • 出来上がったライブペイントオブジェクトに要素を追加したい場合は、ライブペイント結合コマンドで追加することができる。

コメント

このブログの人気の投稿

ペンツールの使い方 Adobe Illustrator 講座09